小顔整形で理想のフェイスライン|魅力アップで気分上々

顔の骨を削る手術

カウンセリング

入院やダウンタイム

美容外科では、バストを豊かにしたり、鼻を高くしたりといった様々な整形手術がおこなわれています。これらは、ボリュームアップさせたい部位に、シリコンなどを挿入するという方法が主流となっています。そして美容外科でおこなわれている整形手術には、逆にボリュームダウンさせるというものもあります。たとえば、顎やエラの骨を削って小顔にするという整形手術です。体に付け足す整形手術と異なり、体の一部を除去するわけですから、体へのダメージはやや大きめとなります。そのため全身麻酔が必要となる場合が多く、麻酔が切れて、全身の機能が十分に回復するまでは、入院することになります。また、帰宅後も体をしっかりと休ませることが必要です。したがって小顔にする整形手術を受ける場合には、入院やダウンタイムを想定したスケジュールを組んでおくことが大事です。

口の中を切開

一昔前は、小顔にする整形手術は、顔の表面からおこなわれていました。顎やエラの下の目立たない箇所にメスを入れ、そこから専用の器具を挿入して骨を削っていたのです。もちろん手術後には縫合をするのですが、それでも傷はある程度残ります。目立たない箇所とはいえ、顔を上げたりすると、人目に付くこともあったのです。そのため昨今では、口の中にメスを入れ、下の歯や頬の内側を切開し、骨を削るという方法でおこなわれるようになっています。この方法なら、顔の表面に傷が残ることはありません。傷跡を気にすることなく、小顔になった姿で堂々と人前に出ることが可能になるのです。こういった工夫から、小顔にするための整形手術の需要は一層高まってきています。