小顔整形で理想のフェイスライン|魅力アップで気分上々

手軽に顔を小さく

レディー

顎やエラへの注射

小顔整形とは、顔を小さく見せるための整形術のことです。一般的に小顔整形は、輪郭線となっている骨を削るという方法でおこなわれています。しかし大掛かりな手術となるため、昨今では骨を削ることのない手軽な小顔整形もおこなわれるようになっています。具体的には、ヒアルロン酸注射やボトックス注射などです。ヒアルロン酸注射を顎の先端におこなうと、顎がシャープになる分、顔がスッキリとして見えるようになるのです。そしてボトックス注射を輪郭線に注射すると、その部分の筋肉のこわばりが解消されることで、やはり小顔効果が出てきます。これは特に、突出したエラの解消に有効とされています。いずれも、注射1本で済むので、施術時間が短くダウンタイムも生じない点が特徴です。

効果を持続させるために

骨を削る小顔整形の場合は、削った骨が元に戻ることはないため、小顔効果は半永久的に持続します。しかしヒアルロン酸注射やボトックス注射は、注入した注射液がやがては体外に排出されるため、それにより効果が切れることになります。具体的には半年ほどなのですが、いずれも再度の注射が可能となっています。つまり効果が切れる前にもう一度注射をすれば、効果が長続きするようになるわけです。しかもボトックス注射の場合は、繰り返し注射することで、筋肉がこわばっていない状態で安定してくるようになります。つまり、やがては再度の注射をしなくても、効果が持続するようになるわけです。手軽にもかかわらず、骨を削った場合のように小顔効果が半永久的に続く可能性があるため、その点でも注目されています。